扇風機を取り付けたベビーカーは、熱中症予防に有効ですか?

「最近流行りのベビーカーのファン付きシートは熱中症予防や暑さ対策に適しているのでしょうか?」というご質問にお答えします。
堀向健太 2024.07.06
読者限定

今回は、音声ラジオVoicyでいただいたご質問にお答えしてみたいと思います。

ひめりんごさんからのご質問で、「最近流行りのベビーカーのファン付きシートは熱中症予防や暑さ対策に適しているのでしょうか?どう思われますか?」というものでした。

ご質問ありがとうございます😌

今回は、このご質問にお答えしながら、扇風機とベビーカーの関係に関して解説してみたいと思います。

***

このニュースレターでは、さまざまな子どもやアレルギーに関する医療情報を豊富な出典に基づき配信しています。継続的に記事を受け取りたい方は、 メールアドレスを登録していただくことで 次回以降 メールで記事を お届けすることができますので、よろしければご登録をよろしくお願いいたします。  

日本の平均気温は上昇している

このようなご質問がある背景には、平均気温が上がってきているということが大きいでしょう。

東京管区気象台は、過去100年の東京の気温の変化を見ると、1920年から2020年にかけて平均気温が概ね2度上がっているというデータを示しています[1]。

東京都の気候変化:東京管区気象台

東京都の気候変化:東京管区気象台

このように暑さが厳しくなっていますし、エアコンの使用が熱中症予防のため推奨されていて重要な対策です。しかし一方で、電気代も高騰しています。

エアコン以外の方法はないかと思っていらっしゃる方も多いでしょう。そこに、扇風機の話も出てくることになります。

熱中症予防において扇風機は有効?

2015年にオタワ大学で、8人の健康な若い男性を対象に扇風機の効果が検討されました。
気温を36度から42度、湿度を25%から95%に変化させながら、心拍数や体温の変化を観察したのです[2]。

42度というとちょっと現実的ではないと思われるかもしれません。
しかし気温は、地表から1.5mのところで測定されています。すなわち、地表の近く、つまり子どもさんなどはもっと地表からの熱を受けて、もっと気温の高いところにいる可能性があります。

そのため、42度というのは十分経験する可能性がある温度とも言えるといえるでしょう。

そしてこのオタワ大学の研究によると、扇風機を使用した方が体温の上昇が遅れ、発汗も増えて楽になりやすいという結果だったのです。もちろん限界はありますので、エアコンの使用も重要ですが、若い人にとっては、扇風機は意味があるといえるでしょう。

では、高齢者に対する扇風機の効果はどうでしょうか。
2016年に、テキサス大学で高齢者を対象とした同様の検討が行われました。

すると、若者とは逆の結果になりました。

高齢者において、扇風機による体温の上昇を遅らせる効果はなく、むしろ扇風機を使用すると心拍数や体温が上昇する傾向が見られたのです[3]。

***

まとめると、若い人は暑さ対策として扇風機を活用しやすいけれども、高齢者はかえってリスクになるかもしれない、そのような結果といえるでしょう。

でも、今回のひめりんごさんのご質問は、『子どもに扇風機付きベビーカーが意味があるか』というご質問ですので、それに直接お答えできるわけではありません

では、このテーマの研究はあるでしょうか?
2023年に、このテーマを扱った研究が行われていました

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3379文字あります。
  • 扇風機でベビーカーの温度を下げることができるか?という実験
  • 扇風機や布で、ベビーカーの温度は下がった?
  • 最も効果的な冷却方法
  • 参考文献

すでに登録された方はこちら

読者限定
【溶連菌理解】増えている『侵襲性溶連菌感染症』。なぜ増えている?予防は...
読者限定
学校給食で起こった『集団びわアレルギー』。126人のすべてがアレルギー...
読者限定
【閲覧注意】今まであまり診なかった、さまざまな皮疹を起こす手足口病が増...
読者限定
世界で感染拡大がはじまっている『マイコプラズマ』。日本で感染拡大する前...
誰でも
痛くない「鼻スプレー」インフルワクチンは、いかに認可までたどりついた?...
読者限定
ステロイド点眼液には、重要な注意点があるという話
読者限定
花粉症の時期の目のまわりの湿疹、どうすればいいですか?
読者限定
スギ花粉症の発見と対策の歴史。スギ花粉のシーズンが始まる前に。|第10...